法人ゴールドカードのメリット・デメリット

9merit

ゴールドカードのメリット

法人ゴールドカードのメリットは、個人のゴールドカードと同じでたくさんの付帯サービスが付いているという点です。

特に、法人ゴールドカードは個人ゴールドカードとは少し違い、付帯サービスの多くがビジネスシーンで役立つよう考えられています。出張費や接待費、社内で必要になる様々な費用をより安く抑えることができるのです。

さらに、それら社用費用を一括口座によるカード決済にすることでポイントを貯めることができます。そのポイントは会社に属していますから、それらを福利厚生に役立てることもできます。

ゴールドカードのメリットその2

法人ゴールドカードに付いている付加サービスとして一番多いのが、国内外の旅行傷害保険です。保険額が海外の場合は最高一億円に設定されているゴールドカードも多くあります。海外出張になるたびに海外保険を掛ける必要がないので経費を削減できますし、手間を省くことにもなります。

他にも、ガソリン代割引、レンタカー割引、バイク便割引、宿泊施設の割引などの各種割引サービスがあります。出張などの際に利用できるだけでなく、普段のビジネスシーンでも役立ちます。

さらに、年会費無料のETCカードの発行といった付加サービスもあります。

ゴールドカードのデメリット1名増で3,150円

一般カードとゴールドカードの大きな違いは、年会費と様々な付加サービスです。JCBの法人カードを例にとって見ていきましょう。

JCB法人カードの一般カードは年会費が1,312円なのに対し、ゴールドカードは10,500円です。さらに、ゴールドカードはカード使用者が1名増えるごとに3,150円の年会費が必要です。

付加サービスは、ゴールドカードなら海外旅行傷害保険で最高1億円の保険と国内旅行傷害保険が最高5,000万円ありますが一般カードはありません。また、ショッピングガード保険もゴールドカードなら国内外最高300万円ですが、一般カードは海外のみで最高100万円です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る