任意整理者が法人カードをつくる方法

7voluntary-liquidation

任意整理者は基本難しい

任意整理とは、借金問題を抱えている人のために司法書士が債権者との間に立って交渉をすることです。それにより、返済額や返済方法などを交渉し、今よりもより良い条件で借金を返済できるようになります。

そんな任意整理者が法人カードを持つのは基本的に難しいと言われています。コーポレートカードをその法人の社員として持つ場合でも同じです。

なぜなら、コーポレートカードはその法人への信用の上に発行されるものですが、その法人への信用は基本的に子カードを持つ社員一人一人の個人への信用の上に成り立っているからです。

支払い延滞者も基本難しい

任意整理をしていたり、過去数年間いないに任意整理をした人が法人カードを作るのが難しいのには、クレジットヒストリーが関係しています。クレジットヒストリーは略してクレヒスとも呼ばれています。

このクレジットヒストリーとは、個人信用情報の事です。個人信用情報とは、今までクレジットカードを使った際の履歴です。

このクレジットヒストリーを見ただけで、支払いが期日までに行われているか、延滞したことがあるか、他人が肩代わりしたかなどの情報がわかります。これらの情報をもとに法人カードが発行されるかどうかが審査されます。

任意整理者も支払い延滞者も5年後には作れる

任意整理をしたことがあってもそれは過去の事です。しかし、過去の事ではあってもすぐに法人カードを持つというのは難しいでしょう。一定期間待つことによって将来法人カードを作ることはできます。

なぜなら、法人カードの審査に通るかはクレジットヒストリーが関係しているからです。過去に任意整理を行ったという場合は、その記録が自己記録としてクレジットヒストリーに掲載されます。

しかし、この自己記録は通常5年間ですから、5年後にはその記録が抹消され審査が通る可能性が出てくるというわけなのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る